演情報

こちらでは関東エリアでの最新のバレエ公演情報、舞台公演情報をお知らせ致します。

マーティプレバレエコンクール 申込受付中
マーティプレバレエコンクール 申込受付中

NEW 12.8  更新

NEWS


NEW

沖縄獅子とバレエにXRテクノロジーが交差するデジタル時代の現代芸能

『獅子と仁人』

 

日程 2022年12月23日(金)~27日(火)

会場 KAAT神奈川芸術劇場<ホール>

   (神奈川県横浜市中区山下町28)

 

 本作のテーマは「気配」。観客は、舞台上のパフォーマンスと実際には「そこにない」XR表現(クロスリアリティ:拡張現実)による映像のインタラクティブ演出を同時に鑑賞します。出演は、沖縄獅子の舞手による勇壮な金銀の現代獅子と、情感あふれる男女のバレエダンサー。そこに繊細なピアノと躍動するタップダンスによるライブセッションが重なり、さらには舞台上を動きまわるカメラが、オリジナル制作のXR合成システムによる「動く舞台装置」をリアルタイムに生成します。

金銀2体の獅子サポーターを支援するクラウドファンディングも開始。デジタル時代のいまを先駆ける、古きと新しきの融合による芸能文化の取り組みに、どうぞご期待ください。

 

●「そこにない」舞台装置と至高の芸術「バレエ」の競演

 

全編を彩るXR(クロスリアリティ)合成システムは、本作のためにオリジナルで制作されました。舞台手前に陣取るPCには、舞台と同じ広さの仮想空間が作成してあり、そのなかでは、ダンサーやカメラマンの動きがリアルタイムに再現されています。仮想空間では演者の動きに反応するCGが描画されて、観客は舞台上をうごくカメラの視点をとおして、AR合成された映像を観覧します。人類の叡智がつまった身体表現であるバレエの美しさと、テクノロジーの正確さが他に類を見ない調和を生み、作品表現の情景を深めています。

 

詳細はこちら



NEW

『横浜国際舞台芸術ミーティング(YPAM)2022』

 

横浜中華街コミュニティと中国新世代振付家との遭遇から生まれたコンテンポラリーダンスが世界初演!

日程 2022年12月10日(土)、11日(日)

会場 KAAT神奈川芸術劇場<ホール>

   (神奈川県横浜市中区山下町28)

 

 

 中国新世代の振付家と横浜中華街に共存する多様なアイデンティティとの遭遇——

 

中国の少数民族の舞踊を研究し、『Minorities/少数民族』(2017)、『Delta/珠三角』『Destination/目的地』(2019)などで現代中国の社会的文脈におけるアイデンティティの問題を扱ってきたヤン・ジェン(楊朕/中国)。それらの作品を海外ツアーする中で、各地の中華街における華僑・華人の多様なアイデンティティのあり方に関心を持つようになりました。『ジャスミンタウン』は、ヤン・ジェンが提案する「チャイナタウン」の別名であり、世界各地の中華街の住民とのコラボレーションでダンス作品を作るプロジェクトのタイトルです。その第一作である本作は、東アジア最大の中華街と言われる横浜中華街で、陳天璽氏(早稲田大学国際教養学部教授/NPO法人無国籍ネットワーク代表理事)をリサーチアドバイザー/パフォーマーに迎え、個性的な住民のみなさんと作り上げてYPAM2022で世界初演します。

 

詳細はこちら



<それぞれの年代・身体・表現方法、3つの作品の ”midpoint (相反するのもの中心点)”を探る意欲作>

 

20-30 代、30-40 代、70 代の 3 つの年代のダンサーと、それぞれの身体や感性でしか生まれない 3 つのダンス作品を創作します。

「作品I」は、横山翼、片山夏波の動的なダンスと REMAH のパーフォーミングな音楽の交わりで、アグレッシブな表

現を目指します。

「作品II」は山海塾の松岡大、そしてバレエにルーツを持つコンテンポラリーダンサーの高瀬瑶子が坂本弘道の奏

でる生演奏をバックに舞踏と舞踊それぞれのアプローチで作品創りに挑みます。

「作品III」は 70 代を迎えた尾本安代の身体を通して見える風景を、映像を交えながら、ダンス作品としてホールに立ち上げます。周遊型の鑑賞スタイルで、様々な角度から midpoint を探る旅に出るようなダンス公演です。

日程 2022年 12月29日(木)

   マチネ 13:00開場/13:30開演

   ソワレ 17:00開場/17:30開演

★ストリーミング配信:12月30日(金)12:00~12月31日(土)23:59

 

会場 横浜ランドマークホール

   神奈川県横浜市西区みなとみらい2-2-1 ランドマークプラザ5F 

 

詳細はこちら



ウクライナ国立バレエ  

『ドン・キホーテ』

日程 2022年12月20日(火)

会場 市川市文化会館 大ホール

 

 

 

詳細はこちら



『スーパースター・ガラ 2022』

 

ルグリ、ガニオ、ザハロワ、ムンタギロフ、オシポワ・・・世界の頂点に君臨するスターダンサーが東京に集結 一期一会、奇跡の競演は見逃せない!

日程 2022年11月24日(木)~27日(日)

会場 東京文化会館大ホール

 

パリ・オペラ座、英国ロイヤル・バレエ団、ボリショイ・バレエ・・・世界の頂点に君臨するスターダンサー12名が、東京に集結!

本公演をけん引し、また、この公演をもってダンサーとして“ラスト・ダンス”を踊るのは、パリ・オペラ座バレエ団において大エトワールとして活躍し、名門ミラノ・スカラ座バレエ団の芸術監督を務めるレジェンド、マニュエル・ルグリ。本公演では、渾身の新作を披露し、自身の“最後の舞台”を飾る。

現在のパリ・オペラ座バレエ団のトップスターとして君臨するマチュー・ガニオは、ローラン・プティの傑作「病める薔薇」、気鋭の振付家アラスター・マリオットの話題作『月の光』などを踊る。

そして、その才能と芸術性で現在のバレエ界に新しい輝きと世界観を築くボリショイの女王、スヴェトラーナ・ザハロワが、その驚異的な身体能力や演技力をいかんなく発揮してくれる。

英国ロイヤル・バレエ団からは、いまや世界最高峰と言われる唯一無二のパートナーシップを繰り広げる、マリアネラ・ヌニェスとワディム・ムンタギロフ。彼らが魅せる超絶技巧のクラシック作品は見逃せない。また、シルヴィ・ギエムの再来との呼び声も高いナタリア・オシポワは、高い演技力を誇るエドワード・ワトソンと、話題沸騰の新作を初披露する。

国境を越えた豪華大スターたちの、夢と感動の舞台は必見だ!

 

詳細はこちら



~語り継ぐバレエの軌跡~ マエストロ福田一雄のドリーム・プロジェクト

スペシャル・ガラ『バレエの情景』

 

出演

谷桃子バレエ団

東京バレエ団

東京シティ・バレエ団

牧阿佐美バレヱ団

K-BALLET COMPANY

日程 2022年11月20日(日)

会場 東京文化会館 大ホール

 

 

 

詳細はこちら



モナコ公国モンテカルロ・バレエ団

シェイクスピアの喜劇がおしゃれでハッピーなバレエになった! 

『バレエ「じゃじゃ馬馴らし」』

 

 

ジャン=クリストフ・マイヨー振付

音楽:ドミートリイ・ショスタコーヴィチ

 

日程 11月11日(金)~13日(日)

会場:東京文化会館(上野)

 

詳細はこちら



ヒューストン・バレエ

『白鳥の湖』

 

日程 2022年10月29日(土)、30日(日) 全4回公演予定

会場 東京文化会館 大ホール

 

全米屈指の実力を誇るヒューストン・バレエが初来日公演を開催。5月6日(金)より一般発売を開始いたします。

アメリカ5大バレエの一つと謳われながら、これまで日本での公演がなかなか実現しなかったヒューストン・バレエが、初めての来日公演を行います。今回は、芸術監督ウェルチ版「白鳥の湖」を上演。アメリカ特有のダイナミックで、生き生きとしたスピード感あふれる「白鳥の湖」をお楽しみいただけます。

さらに、アメリカで輝かしいキャリアを重ねて世界から注目を浴びる加治屋百合子、同じくプリンシパル(最高位)として活躍するコナー・ウォルシュほか、バレエ団の実力派ソリストたちも続々出演。日本といくつもの接点を持ちながらも<幻>だったヒューストン・バレエの、記念すべき初来日公演をお見逃しなく。

 <ヒューストン・バレエ>

1969年設立。テキサス州最大都市のヒューストンにある、ヒューストン・バレエには、世界各国から集まった約60名のダンサーが所属。アメリカ最大級のダンス専門施設Center for Danceを有し、同団のために建設された最新鋭の劇場ウォータム・シアターで公演を行っている。2003年からは、オーストラリアの振付家スタントン・ウェルチが芸術監督を務め、古典作品の新制作に意欲的に取り組むと同時に、現代振付家の作品を数多く取り入れ、アメリカ国内でも豊富なレパートリーを抱えるバレエ団として評価されている。また、ロンドンのサドラーズ・ウェルズ劇場、パリのシャンゼリゼ劇場、ワシントンのケネディ芸術センターなど、国内外の名門劇場での好演を重ね、国際的に注目さ

れている。

 

詳細はこちら



日程 2022年8月12日 (金)

会場 鎌倉芸術館大ホール(大船)

 

詳細はこちら



日程 2022年7月31日(日)

会場  ルネこだいら 大ホール

   東京都小平市美園町1-8-5

 

NBAバレエ団の刑部星矢が代表を務めるGKBの「第1回GKBプロフェッショナルパフォーマンス」。

NBAバレエ団の安西健塁、東京シティ・バレエ団の中弥智博、NBAバレエ団の刑部星矢の3人が振り付けた3つの作品が、NBAバレエ団、谷桃子バレエ団、東京シティ・バレエ団、スターダンサーズ・バレエ団、牧阿佐美バレヱ団、ロサンゼルスバレエ団等、さまざまなバックグラウンドを持つダンサー達によって上演されます。

 

チケット 6月18日(土)発売

※先着30名様には出演者のサイン色紙とオリジナルマスクがプレゼントの特典付きです!

 

詳細はこちら

GKBプロフェッショナルパフォーマンスの詳細はこちら