Balletweek Magazine

NEW 9.27 更新

LOOK‼ 気になるバレエコンクール


 

MARTY PRE BALLET COMPETITION

マーティプレバレエコンクール

多くの受賞者を輩出し、栄えある第1回目が終了‼

 

 

 

 9月19日、20日に大田区民ホール アプリコ 大ホールにて、『マーティ プレバレエコンクール』が開催されました。今回を皮切りに始まったこのコンクールは、小学生の部・中学生の部・高校生の部 ・シニアの部等、合計8部構成にて行われ、約250名の参加者の皆様でにぎわいました。

 

  舞台からは、小さなバレリーナから大人まで、バレエを通じ同じ目標を掲げて集まった仲間同士で技を競い合い、切磋琢磨しながらコンクールを頑張る熱い姿が伝ってきました。各賞の発表など、合格通知掲示板の前は、努力の結果を楽しみに待つ子供たちの姿があり、友達同士お祝いの言葉をかけ合ったり、喜び合ったりしている出演者の笑顔で溢れていました。

 表彰式では、審査員の先生から今後のお稽古に向けての貴重なアドバイスを頂きました。今回審査対象になったのは、もちろん踊りそのものでもありますが、踊りのテクニック面だけでなく、出ハケの歩き方やつなぎのステップなども細かくチェックされていたということ、このような部分は作品の完成度を上げる上で重要になってくるので大切にしてほしいということを教えて頂きました。また、音をしっかりとることがやはり重要。音を上手にとれれば、動きのコントラストもよりはっきり出せ、難しいテクニックを行う上で助けになるとのことでした。バレエはもちろんポジションやテクニックの完成度も重要ですが、その前に作品としてその役をどう表現するかが大切です。その踊りを通し、何を伝えたいのかを考えて踊ってほしいという願いを伝えられ、コンクールは幕を閉じました。

 

 このコンクールでは豊富な賞だけでなく、各審査員の先生からは参加者一人一人に向けてコメントが書かれたアドバイスシートが配られます。丁寧なコメントは、これからのレッスンの糧になり、そして今後のSTEP UPに繋がる貴重なものとなるため、出演者にとても喜ばれていました。

 

 今後のコンクールの参加者に向けて編集部から審査員の先生方にインタビューしてみたところ、「ステージで踊ることによって、スタジオでは気づかない新たな発見があると思います。コンクールの舞台を自身のステップアップにつなげられるように活用してもらいたいと思います。」「バレエはすぐに結果の出るものではないので、まずは継続すること!そこから楽しみや喜びを感じで欲しいと思います。」という温かい励ましのお言葉を頂きました!!

これからもこのコンクールが多くの皆様の更なる目標となることを願っています。

 

<今後のコンクール>

◆マーティプレバレエコンクールvol.2

日時:2022年2月5日~6日

会場:クレオ大阪

 

◆マーティプレバレエコンクールvol.3

日時:2022年2月11日~13日

会場:関内ホール大ホール

 

コンクール詳細ページはこちら

vol.2 お申込みはこちら〔受付中 2021年11月30日まで

VOL.3 お申込みはこちら〔受付中 2021年12月31日まで